NECソリューションイノベータ株式会社

NECソリューションイノベータは、NECグループの社会価値創造をICT(情報通信技術)…

NECソリューションイノベータ株式会社

NECソリューションイノベータは、NECグループの社会価値創造をICT(情報通信技術)で担う国内最大規模のシステム・インテグレータです。研究開発部門が組織のウェルビーイングについて研究結果や最新トレンドを発信します。 問い合わせ note_necsi@nes.jp.nec.com

マガジン

  • ウェルビーイング研究

    ウェルビーイングに関連した研究の研究者による解説記事を集めています。ウェルビーイングをもう少し詳しく知りたい人に向けて、毎週金曜日に更新・追加していきます。

  • 感謝研究

    感謝の研究に関する記事をまとめています。記事は、スマホアプリNEC Thanks Cardに掲載した内容を修正して転載したものです。

リンク

最近の記事

Emotional Intelligence (EI) | 感情知能の持つ影響・効果

みなさんは「Emotional Intelligence (EIまたはEQ, 感情知能) 」という概念をご存じでしょうか? EIとは、簡単に言えば「自分や他者の感情状態を認識し、上手く活用する能力」のことです。EIの概念自体は20~30年前から提唱され、欧米のビジネスシーンを中心に活用が進められていますが、ここ数年でEIはさらに注目を集めています。 EIは、私たちの日常生活や職場において、どのような影響を与えるでしょうか?心理学などを中心に、EIの効果を示す研究結果が示さ

    • 【論文紹介】職場でのポジティブ心理学介入|介入手法の整理とメタ分析の結果

      ウェルビーイングやエンゲージメントやその他の仕事のアウトカムを改善する介入方法が、ポジティブ心理学ではよく研究されています。今回は、Donalsonら(2019)による仕事のポジティブ心理学介入(PPIs=Positive Psychology Interventions)のメタ分析の結果についてお話ししたいと思います。なお、個人向けPPIsは、①自尊心介入、②感謝介入、③強み介入の3つです。 介入方法の種類Donaldsonらによれば、職場に対するポジティブ心理学の介入方

      • 【論文紹介】ノスタルジーを感じてウェルビーイングに -感謝感情による媒介効果

        みなさんは日常のふとした瞬間に、過去のことを思い出して懐かしさを覚えたり、心が温かくなるような経験をしたことはありますか? 今回は、そんな「ノスタルジー」を感じることと、感謝やウェルビーイング(幸福感)との関係を調べた研究についてご紹介します。 ノスタルジーの効果ノスタルジーとは、過去の出来事や人々について思い出したり、過去の自分について思い出すこと通して、懐かしさや切なさを感じることを意味します。ノスタルジーは結婚や誕生日、同窓会などの社会的なイベントをきっかけに感じる

        • 【論文紹介】日本人のウェルビーイングにおける感謝と自尊心 -感情体験と一日の評価

          現在、ポジティブ心理学という研究分野を中心に、「感謝」と「ウェルビーイング」の関係性に焦点を当てた研究が増えています。 特に、アメリカを中心に「感謝の感じやすさ(感謝の気質)が高いほどウェルビーイングが高い」、「感謝をする介入をするとウェルビーイングが高まる」などの研究結果が報告されています。 しかし、上記のようなことを日本人に対して検証しても、なかなか同じようには再現されないことが指摘されています。その理由として、文化的背景が異なることなど、さまざまな要因の影響を受ける

        Emotional Intelligence (EI) | 感情知能の持つ影響・効果

        マガジン

        • ウェルビーイング研究
          68本
        • 感謝研究
          45本

        記事

          【論文紹介】感謝と負債感と向社会行動 -神への感謝と人への感謝

          感謝をすることには向社会行動(=社会のためになる行動)を促進する効果があると、心理学研究では言われています。 しかし、なぜ感謝をすることが社会のための行動につながるのか、明確な理由は明らかになっていません。Nelson et al. (2023) では、「感謝」と「負債感(恩義)」をきちんと分けて考えることで、向社会行動への効果を明らかにしようとしています。 「感謝」と「負債感(恩義)」これまでの感謝に関する研究の多くでは、「感謝」と「負債感(恩義)」はきちんと区別されて

          【論文紹介】感謝と負債感と向社会行動 -神への感謝と人への感謝

          【論文紹介】感謝は脅威を弱め、挑戦心を高める -生理学的反応から見る感謝の効果

          あなたは難しいタスクをしなければならないとき、「やってやろう!」と挑戦心に燃えるか、「失敗したらどうしよう…」と恐怖や脅威を感じてしまうか、どちらが多いでしょうか? どうせならば、挑戦心をもって取り組めると、気持ちも結果も良い方向に向かいそうですね。 今回は、そんな精神的にストレスのかかるタスクを行うときに、感謝にはどのような効果があるのか、生理学的な分析から検証した研究をご紹介しようと思います。 血圧のパターンから、挑戦意識と脅威意識を評価できるまずこの研究の背景に、

          【論文紹介】感謝は脅威を弱め、挑戦心を高める -生理学的反応から見る感謝の効果

          【論文紹介】エピソードを記録してウェルビーイングに -エピソード記録が、欲求充足・感謝・セルフコンパッションに繋がる

          近年、国内外で非常に注目されるウェルビーイングですが、WHOでは「健康とは、病気ではないとか、弱っていないということではなく、肉体的にも、精神的にも、そして社会的にも、すべてが満たされた(well-being)状態にあること」と言及されています。 なかでも、精神的なウェルビーイングは「幸福」や「充実」などと捉えられており、ポジティブ心理学を中心にウェルビーイング高める方法の研究がされています。 本記事では、エピソードを記録することを通して、ウェルビーイングの向上にアプロー

          【論文紹介】エピソードを記録してウェルビーイングに -エピソード記録が、欲求充足・感謝・セルフコンパッションに繋がる

          【論文紹介】感情表現のモチベーションと満足度 -感謝と怒りの有用性信念

          みなさんはコミュニケーションをする上で、感情表現をすることは有用だと思いますか? 相手に怒りを伝えることは役に立つでしょうか?相手に感謝を伝えることは役に立つでしょうか? 感情を表現することが役に立つと考える人ほど、積極的に感情を表現すると思います。逆に、感情表現することは有用ではないと考える人は、感情をあまり表に出さないかもしれません。 このような感情を表現する動機(モチベーション)に関わる研究があるので、今回ご紹介したいと思います。 「怒り」や「感謝」を表現する効

          【論文紹介】感情表現のモチベーションと満足度 -感謝と怒りの有用性信念

          【論文紹介】感謝の気持ちと自然環境 -感謝の気持ちが環境保護意識に繋がる?

          近年、環境保護や持続可能性について語られることが非常に多くなってきました。これからの世界を考えるにあたり、私たちが環境や自然とどのような関係を築くかは、一つの重要な視点と言えます。 私たちの自然環境に対する意識を考えるなかで、「感謝の気持ち」がどう影響を与えるのか、ということに着目した研究があるので、ご紹介いたします。 自然とのつながりの意識と自己超越的な感情としての感謝私たちの自然や環境保護へ意識を高めるには、どのようなことが必要でしょう? 専門家の間では、その方法一

          【論文紹介】感謝の気持ちと自然環境 -感謝の気持ちが環境保護意識に繋がる?

          【論文紹介】感謝を伝えるスキルを身につける効果 -感謝表出スキルと孤独感

          みなさんは「ソーシャルスキル」という言葉を聞いたことがあるでしょうか? ソーシャルスキルとは、個人が円滑な対人関係を維持するために、相手に対して効果的に反応する際に用いる行動のスキルを指します。もともと社会心理学等の分野における用語ですが、コミュニケーション能力強化や子どもの教育といった観点において、一般的にも用いられています。 例えば、職場の同僚と会話をしている時、その場の雰囲気や相手の様子を見て『ねぎらいの言葉をかけよう』『今は相手の話をじっくり聞いてあげよう』などの

          【論文紹介】感謝を伝えるスキルを身につける効果 -感謝表出スキルと孤独感

          【論文紹介】感謝することで協力できる -感謝を用いた囚人のジレンマ実験

          「囚人のジレンマ」というものをご存じでしょうか? 簡単にいえば、お互い協力する方が協力しないよりもよい結果になることが分かっていても、協力しない者が利益を得る状況では互いに協力しなくなるジレンマを指します。 このようなジレンマによって、協力しにくい状況のなかで「感謝を伝える」ことが協力関係にどのような影響を与えるか検証した研究をご紹介したいと思います。 囚人のジレンマ実験こちらの研究では、囚人のジレンマ実験として、じゃんけんを用いた実験が行われました。実験参加者である大

          【論文紹介】感謝することで協力できる -感謝を用いた囚人のジレンマ実験

          【論文紹介】SNSで感謝を閲覧すると幸福度が高まる? -Facebookを活用した感謝研究

          みなさんはSNSを利用しているでしょうか? X (旧:Twitter), Facebook, Instagram, TikTokなど、SNSを1つ以上は利用しているという人が多いのではないかと思います。ほとんどのSNSでは、友人や知り合い、あるいは全く知らない人同士のやりとりを閲覧することができます。 以前、他者の感謝を目撃した人は、その感謝の送り手と受け手に対する心理にポジティブな影響があるという研究をご紹介しました。この「感謝の目撃効果」がSNSでも実現したとすれば、

          【論文紹介】SNSで感謝を閲覧すると幸福度が高まる? -Facebookを活用した感謝研究

          【論文紹介】感謝を「思い出すこと」と「伝えること」-感謝を思い出して満足度、伝えて親密度を高める

          感謝をすることが、私たちの感情や心理状態、行動などにさまざまな影響を与えることは、いくつかの記事で紹介してきました。 本記事では、感謝を「思い出すこと」と「伝えること」を分類して影響を検証した研究をご紹介します。 感謝を「思い出す」・「伝える」感謝をすることは、相手との人間関係を良くしたり、モチベーションや挑戦心を高めたり、ウェルビーイング(幸福感)を高めたりなどの効果が、さまざまな研究から示されつつあります。 しかし、「感謝をする」ということについて詳しく考えてみると

          【論文紹介】感謝を「思い出すこと」と「伝えること」-感謝を思い出して満足度、伝えて親密度を高める

          思い込みが「空気」をつくる? -多元的無知の紹介

          みなさんは「多元的無知」という言葉をご存知でしょうか。 多元的無知は、社会心理学などの分野で用いられる「集団の多くの成員が、自らは集団規範を受け入れていないにもかかわらず、他の成員のほとんどがその規範を受け入れていると信じている状態」を指す概念です。 わかりやすく言うと、「このルール変えた方が良いのにな…」「これって本当に正しいんだっけ?」とみんなが感じているにもかかわらず、「きっと私以外の人は良いと思っているんだろう」「みんな受け入れているから正しいんだろう」などと思い

          思い込みが「空気」をつくる? -多元的無知の紹介

          【論文紹介】共感性と感謝が向社会行動につながる -共感性の分類とその影響

          みなさんは、まわりの人に対して、助けてあげることや思いやりのある行動をすることは多いでしょうか? 心理学分野では、このような他者のための自発的で意図的な行動を「向社会行動」と呼びます。 過去の研究から、向社会行動を取る傾向が高いことは、ウェルビーイング(幸福度)の高さや対人コミュニケーションの改善に影響するとされています。 では、向社会行動を取る背景には、どのような感情や心理的作用があるのでしょうか。今回は、共感性と感謝に焦点を当てた向社会行動に関する研究をご紹介したい

          【論文紹介】共感性と感謝が向社会行動につながる -共感性の分類とその影響

          感謝は「脳」にどのような影響を与えるか -感謝と神経伝達物質

          感謝は、私たちのウェルビーイングに良い影響を与えることが、様々な研究から指摘されています。 私たちが感謝し、感謝されるとき、私たちの脳内ではどのようなことが起こっているのでしょうか? 感謝で活性化される脳内物質私たちが、感謝の気持ちを示し、また感謝を受け取るときには、脳内では神経伝達物質であるセロトニンやドーパミン、オキシトシンなどが分泌されることが分かっています。それぞれどのような神経伝達物質なのでしょうか? セロトニン 心のバランスを整える作用のあるホルモンとされ

          感謝は「脳」にどのような影響を与えるか -感謝と神経伝達物質